dj_top

くらち

Author:くらち
猫アレルギーを乗り越えて念願の白猫と同居することになった猫初心者。



白井玉三郎(白玉、白玉氏、たま)
2009年6月6日生まれ(♂)
心優しい下町の玉三郎。 


白井三津五郎(白みつ、ミッチー)
2010年6月2日生まれ(♂)
玉兄ちゃん大好きな下町の三津五郎。

Powered by 複眼RSS

未分類 (4)
白玉 (95)
白みつ (55)
初心者 (18)
多頭飼い (64)
猫グッズ (15)
トイレ関連 (9)
その他 (46)

このブログをリンクに追加する

名前:
メール:
件名:
本文:

http://shiratamacat.blog120.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.06.19(Wed) 00:00
昨年はダラダラとしてしまったので、今年は有給を取って玉みつを健康診断に連れていきました。

最初は白玉氏。

白玉氏はキャリーに入れると最初は鳴きますが、外に出ると辺りを眺め始めて静かです。

診察台でもビビりまくりですが、鳴くことも暴れることもないので割と楽なようです。

今回、初めて肛門腺を絞ってもらい、驚いたのかそのときだけ「シャーーー!」しましたが、小声で「ニャ」と「シャーーー」が混じったような、ボーイズソプラノばりの高音での「シニャァーーーーー(小声)」なので先生も看護士さんも「何、今ので怒っているの!?」と笑っていました。
隣の診察室にいた猫は「ウギャァァァ!!!!」とすごい悲鳴を上げ続けていたので(何をしてたんだ?)それに比べたら白玉氏はかわいいものです。

そして白玉氏の検査結果が出るまでに間に白玉氏を連れて帰って今度はみつをキャリーに。
外では大人しい白玉氏を違い、みつは病院に着くまでの間、ずっと鳴き続けていました……。

ちなみに以前使っていたファスナー式のキャリーは入れるのに苦労をしましたが、1,980円のバスケット型にしたところ、あのみつでも簡単にキャリーイン。こりゃいいわ。
欠点は小さすぎるということですが、普通のサイズの猫ちゃんなら問題ないと思います。

そして検査結果は白玉氏は相変わらずストラバイトが出ており、みつは肝臓の値がちょっと悪いようです。
なのでどちらも後日超音波で検査をしてもらうことになりました。ふ~~~~。サイフに優しくない子たちだよ。

お支払いをしている間、バスケットに入ったみつを待合室に置いていたのですが、他の猫飼いたちがみつを見て

この子は顔つきからしてメスだよ。絶対!!!

と断言しておりました。根拠不明ですが、とりあえず「オスなんですよ~~~」と訂正しておきました。


みっちゃん女の子にゃ?

男の子にゃ!

 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(2) 
Category:多頭飼い 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.06.06(Thu) 00:00


先日からお経のように666、666と唱えつつ、迎えた6月6日。白玉氏4歳の誕生日です。
「666」は6月6日に6匹で生まれたからです。

誕生日に気を取られて我が家に来たのがその前日の6月5日ということをすっかり忘れていました。


白玉氏が甘えるのは私だけで、それもみつが見ていないところと場所限定なのでお見せできないのが残念です。
他の人にも甘えればいろいろといいことがあると思うのになぁ。

玉みつともども健康診断に連れて行きたいのですが、この時期はわんこのフィラリア投薬等で動物病院が混んでいるんですよね~。
もうちょっと落ち着いたら行きましょう。

20130606_2.jpg
やっぱり大きいよね……。
 
Trackback(0) Comment(4) 
Category:白玉 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.06.04(Tue) 20:00
毎年この時期になると忘れないようにというプレッシャーを感じる猫の誕生日。

今日6/4はみつの3回目の誕生日です。

昨年よりかなりデブったと思われるみっさん。
白玉氏より重くなりました。

人間年齢でいうと28歳らしいのですが、とてもそうには見えない童顔っぷりです。
そして、気がついたときに私も白玉氏もいないと鳴いて呼ぶ甘えん坊です。

今年も健康で過ごそうね!


 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:白みつ 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2013 玉みつ日記*R, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。