dj_top

くらち

Author:くらち
猫アレルギーを乗り越えて念願の白猫と同居することになった猫初心者。



白井玉三郎(白玉、白玉氏、たま)
2009年6月6日生まれ(♂)
心優しい下町の玉三郎。 


白井三津五郎(白みつ、ミッチー)
2010年6月2日生まれ(♂)
玉兄ちゃん大好きな下町の三津五郎。

Powered by 複眼RSS

未分類 (4)
白玉 (95)
白みつ (55)
初心者 (18)
多頭飼い (64)
猫グッズ (15)
トイレ関連 (9)
その他 (46)

このブログをリンクに追加する

名前:
メール:
件名:
本文:

http://shiratamacat.blog120.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2014.04.29(Tue) 20:00
余裕があるうちに白玉氏を健康診断に連れて行きました。
というか、おしっこが採れた方から連れて行こうとしたら先に白玉氏がトイレに入ったという話。

春から動物病院は犬祭りになりますが、この日も待合室はチワワ祭りでした。超アウェー気分。

最初に体重を量ったとき、先月と同様6.6キロだったため「フードを減らすように」と指導を受けたのですが、その後の触診で「……以外と太ってないね」と言われ「このままでもよいかも」ということになりました。そもそも体長が長いので単なるデカい猫のようです。
「そうです。チェ・ホンマンと一緒です。デカいけどデブじゃない」と言ったら男性の先生だったので同意されました。

白玉氏、尿も問題なく触診も良好だったので先生と相談をした結果、血液検査はなしとしました。

肛門腺も絞ってもらい、気になっていた直腸のポリープの検査(指を突っ込んでの触診……)もしてもらいました。こちらも異常なし。
このときだけはさすがの白玉氏もひっそりと「フニャァァァァーーー」と抗議の声を上げていました。

病院でどんな目に遭っても家に帰ればいつもの泰然自若の白玉氏。本当に楽な子です。
次に連れて行くみっさんのことを考えると頭が痛い~。

ばってん

画像は本文と全く関係ない手をクロスしている白玉氏。

診察が終わって待合室に戻ったら、キャリーを持った母娘が私のキャリーを覗いて「キャーーーー! そっくり!!!」と言っていたので見てみたら、本当に白玉氏にクリソツ(死語)の白猫でした。
白猫って似ている子が多いですよね。 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(2) 
Category:白玉 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2014.04.17(Thu) 20:00
簡単更新。



相変わらずBLワールド絶賛展開中のタミー&ミッチー。そこまで顔を寄せ合って寝る必要があるのでしょうか。

自分が腐女子だったらどれだけ萌えシチュエーションだと思ったりもするのですが、残念ながら要素ゼロなので生暖かく見守るだけです。


このブログ、時々「スパンキング動画」で来る人がいるのですがお役に立てず申し訳ございません。
ちなみにYouTubeの玉みつ関連の動画群も白玉氏のスパンキング動画の閲覧数がダントツトップです。変態どもめ。

再度掲載。

 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:多頭飼い 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2014.04.14(Mon) 20:00
くらちおばさん(私)は体が固いです。

立って前屈をしたら床から10センチはあいてしまうし、座って足を開いても90度で股関節脱臼を起こしそうになります。
ちなみにくらち母は還暦をとうに過ぎたばーさんですが180度開脚で胸も付くという軟体ババア。タコか。

これじゃあイカンということで近所のヨガ教室に通い始めました。
もちろん教室一の劣等生。常に先生に苦笑されいています(泣)。

お風呂上りにもストレッチを行うのですが、必ず邪魔をしに来るのがみっさん。



ちなみに白玉氏は絶対にヨガマットの上には乗りません。むしろ避けて歩いています。

しかし改めて猫を観察すると、彼らの身体は本当にしなやかですね。いいな~~~。 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:白みつ 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2014.04.08(Tue) 20:00
簡単更新。

見事な丸状態で眠る玉みつ。



先日、新たな猫飼いさんと知り合いました。
猫の数だけドラマがありますねぇ……。 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:多頭飼い 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2014.04.07(Mon) 20:00
白玉氏、冬から春にかけては朝になっても起きずに猫の名に恥じず惰眠を貪っているのですが、そんな彼なので場合によってはお昼近くまで起きてきません。じーさん猫か。

そんなある日のこと。
お昼近くに起き出してきた白玉氏、フードを少し食べてからしばらくしてゲーーーッ。
その後、何度も何度も何度も胃液を吐く白玉氏。お腹も壊れてきて、座っても香箱でウトウトしている感じ(←くるねこさんも言っているように具合が悪いときは香箱になります)。

ちょうど動物病院は午前の診断が終わり、午後の診断まで数時間あるので時々吐く白玉氏のゲーーーを片付けつつ時間が来るのを待っていました。
白玉氏よ、一体どうした?

病院で体重を量ったところ、衝撃の

6.6キロ……

「そんなはずありません!もしかして私の手が乗ったままでした!?」と「宅のタマちゃんに限ってそんなことはないザマス」的な発言をし、再度量ってもらっても現実は変わらず6.6キロ。どうりでキャリーが重いはずだよ! いくら6月6日に6匹で産まれたとしても体重まで6で揃えなくてもよいのに。
うちには見た目がもっと重そうな横綱がいるのですっかり猫の標準体重の基準が狂っていたよ……。

そんな白玉氏、とりあえず吐き気を抑える注射と補液で様子を見ることになりました。

6.6キロの現実を突きつけられ、余計に重さを感じるキャリーを持ちつつ(ま、正確には自転車のカゴに乗せてだけど)家に着いてキャリーを開けた途端に餌皿に猫まっしぐら。
「そんなに急ぐと吐いちゃうよ〜」という注意も聞かずガツガツ食べる白玉氏。アンタ、1時間前までゲーゲー吐いてたよね???

そして満足するとソファにいる私の腕の中に入ってきてヘソ天で居眠り。

ちょっ、もしかして病院必要なかったの!?

一度病院に連れていくと信頼回復まで数日かかるみっさんとは違い、白玉氏はアホかと思えるくらい警戒心ゼロ。
おばさん的には楽でいいですが、結局何だったのか謎です。

ちなみに6.6キロの件、少し前にお世話をお願いしたシッターさんにご報告をしたところ「えぇ!」だったので、本当に見た目はスレンダーなんです。ちょっと縮尺がおかしいというだけで……(と、自分に言い聞かせる)。


画像はその後の白玉氏。もしかして誘ってる!? 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:白玉 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2014 玉みつ日記*R, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。