dj_top

くらち

Author:くらち
猫アレルギーを乗り越えて念願の白猫と同居することになった猫初心者。



白井玉三郎(白玉、白玉氏、たま)
2009年6月6日生まれ(♂)
心優しい下町の玉三郎。 


白井三津五郎(白みつ、ミッチー)
2010年6月2日生まれ(♂)
玉兄ちゃん大好きな下町の三津五郎。

Powered by 複眼RSS

未分類 (4)
白玉 (95)
白みつ (55)
初心者 (18)
多頭飼い (64)
猫グッズ (15)
トイレ関連 (9)
その他 (46)

このブログをリンクに追加する

名前:
メール:
件名:
本文:

http://shiratamacat.blog120.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.05.26(Thu) 20:00
こんにちは。

1年ほど前から早朝になると一度目が覚めてしまってしまい、それを猫のせいにしていましたが、単なる「早朝覚醒」という加齢による睡眠障害ということに気づいたくらちです。
よく考えると目が覚めて猫を見ると、たまみつどちらもヘソ天でぐーすか寝ているのでこいつらのせいというのはあり得ないのでした。ハハハ。


さて、2015年に一度終了したトイレ問題は実は問題を抱えておりました。

①みっさんアウトオブトイレ問題=立ちション問題
②みっさんエアかきかき問題

①の立ちションはバスタブトイレを導入しても壁の高さが足りずに時々アウトオブトイレ。
プラダン+マットでカバーをしていましたが、やっぱり臭うし衛生的ではないし。

②エアかきかきは何が問題かというと、トイレを囲っているプラダンの壁をかきかきするのですが、プラダンは置いてあるだけなので、その音がバンバンと結構響くということ。
これは猫砂が気に入らないんだろうな、というのは容易に想像ができましたが、エアかきかき自体はどうでもいいので音を軽減を目標にしました。

とりあえず私に必要なのは①の対応。
今までのバスタブトイレよりさらに高い壁を築かねば。巨人が来ても超えられないくらいのね!

調べたところ衣装ケースを猫トイレに使っている方が見受けられました。
しかし衣装ケースにすると猫砂の消費量もすごいし、今は若いからいいけど、あいつらが年を取ったら跨ぐのも大変な気がする。
すると入り口になる箇所をカットしなければならず、この分厚いプラスチックを切るためにはどうすればいいのーーーーとアレコレを悩んでいました。

そんなときに見つけたのはニトリで売っている収納ボックスではあるのですが、重ねるタイプで縦型。
入り口の部分も低くなっているので入りやすいし。

そして最も気になる壁の高さは30センチ。
今までの猫トイレは21センチだったのでこれならいくらお尻を上げても大丈夫よ!

念のために問い合わせたところ、フタ自体を外すことができるというので、早速購入。本来と違う目的ですみません。



数日使ってから問題がなかったので囲っていたプラダンも外し、アウトオブトイレで匂いがついてしまっていたクッションタイルも撤去しました。

両トイレの下に敷いているのは砂落とし用のマットなのですが、気休めかなーという感じです。

②のみっさんのエアかきかきなのですが、プラダンがなくなったので四方八方の空中を掻いています。本能とはいえ、意味不明。

デメリットとしては当然元々は収納ボックスなので、底に溝があること。
ここにおしっこで濡れた砂が入るとちょっと取りにくいです。

でもその手間を考えてもアウトオブトイレにならないのは魅力的でした。
ホホホホホ! いくらでもお尻を突き上げておしっこをするがよい!!!!

次は猫砂の見直しを行っていきます。
 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(0) 
Category:トイレ関連 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.05.09(Mon) 20:00
欲望に生きたGWが終わり、これから次の祝日までどれだけあるの……と暗澹としているくらちです。

さて、膀胱炎によりどこでもおしっこ猫になっていた(過去形)タミー。
動物病院の診察台でもちょっとお腹を触れると漏らしていたくらいシモが緩かったのですが、そのときに先生から「トイレはいくつありますか?」という質問。

そ、それだけは質問して欲しくなかった!

本当は猫の頭数+1が理想と言われておりますが、我が家のキャパから3つなんて無理!
玉みつが仲良しなのをいいことに巨大な1つのトイレだけで済ましていたのですが、この件で病院に行くたびに「トイレは増やした?」と怖い顔で聞かれるので、ついに観念してトイレを増設することに。

しかし我が家には立ちション猫のみっさんがいるため、どんなトイレでもOKというわけではありません。

そこらへんの経緯はこちらを読んでいただくとして、このベビーバスのような大きさのトイレでさえ超えてしまうみっさんのおしっこ。

それに対応すべくアイリスオーヤマの限定トイレを購入。



ったく、これで何種類目のトイレだよ!!!!
フタ付きだと本体とフタの間におしっこが入ってしまい垂れてしまうし掃除が大変だったのですが、これにはフタに「おしっこ返し」がなるものがついているとのこと。
実物を見たら、内側ではフタと本体のと間に隙間ができないようになっているのでなるほど、これなら楽だ~。

早速使ってみた感想。

我が家の2匹はモノに対する警戒心が薄いので新しいトイレでもすぐに使ってくれるのはいいのですが、巨猫らには小さすぎた……。

確かにおしっこ返しは便利。ちょっとフタについた分はトイレ掃除のときにペーパーで拭えばいいだけ。
しかしフタ付で天井も高くないので、2匹とも窮屈そう。
しつこいくらい砂を掻くタミーでさえ、用を足したらすぐに出てしまいます。
まー、砂を掻きまくられるとおしっこ玉が崩れてしまうので、それはそれでありがたいのですが。
そのせいか、このトイレで大をすることはほとんどありません。
みっさんに至ってはたぶんほとんど使用していないと思われます。

しかし、まあ務めは果たしたので当面はこれを使うことにします。

20160509_1.jpg
人の苦労も知らずに爆睡……。 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:トイレ関連 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2016 玉みつ日記*R, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。