dj_top

くらち

Author:くらち
猫アレルギーを乗り越えて念願の白猫と同居することになった猫初心者。



白井玉三郎(白玉、白玉氏、たま)
2009年6月6日生まれ(♂)
心優しい下町の玉三郎。 


白井三津五郎(白みつ、ミッチー)
2010年6月2日生まれ(♂)
玉兄ちゃん大好きな下町の三津五郎。

Powered by 複眼RSS

未分類 (5)
白玉 (95)
白みつ (55)
初心者 (18)
多頭飼い (64)
猫グッズ (15)
トイレ関連 (9)
その他 (46)

このブログをリンクに追加する

名前:
メール:
件名:
本文:

http://shiratamacat.blog120.fc2.com/
sen
2012.12.19(Wed) 20:00
みつは「白井三津五郎」というご大層な名前ですが、私を含めその名前で呼ぶ人はおらず、唯一呼んでくれるのは動物病院でだけという状況です。
その動物病院ですら、先日のみつの病気騒ぎのときにカルテを間違えて「玉三郎ちゃん」と連呼しておりましたが(後ほど院長先生が知って大激怒)。

みつは最初は「リンカ」。その次が「くぅ」。そして「白井三津五郎」になったのですが、実はくぅと三津五郎の間に呼ばれていた名前があるのです。

それが

白波与三郎


ご実家のちゅうさんのダンナ様が我が家に来るまでの間、みつのことをそのように呼んでいたそうです。

私は「白波」といえば泥棒を連想しますが(『白浪五人男』ですね。私が初めて観た歌舞伎の演目です)、酒屋のちゅうさん家だと薩摩白波でしょうか。与三郎はよくわかりませんが(^^;

ということで、最近ちゅうさんとのやりとりは「与三郎さん」となっています。途端にオッサンくさくなりますね。まあ童顔なだけで人間年齢ではハタチ過ぎてますが。

私としては三津五郎の「三津」を、最近流行の(?)壇蜜サマからいただいて「蜜五郎」に変えたいところです。

みつ
携帯百景にも載せましたが、毛布にくるまる蜜……じゃなくてみつ。
ふっ……。
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:白みつ 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 玉みつ日記*R, all rights reserved.