dj_top

くらち

Author:くらち
猫アレルギーを乗り越えて念願の白猫と同居することになった猫初心者。



白井玉三郎(白玉、白玉氏、たま)
2009年6月6日生まれ(♂)
心優しい下町の玉三郎。 


白井三津五郎(白みつ、ミッチー)
2010年6月2日生まれ(♂)
玉兄ちゃん大好きな下町の三津五郎。

Powered by 複眼RSS

未分類 (5)
白玉 (95)
白みつ (55)
初心者 (18)
多頭飼い (64)
猫グッズ (15)
トイレ関連 (9)
その他 (46)

このブログをリンクに追加する

名前:
メール:
件名:
本文:

http://shiratamacat.blog120.fc2.com/
sen
2011.03.23(Wed) 19:58
みなさまのブログを見てわかったのですが、地震に怯える子と平気な子がいるのですね。

震災当時は会社にいました。

立ってられない揺れの中(免震構造の高層ビルなので余計に揺れます)「タマは無事だろうか。ネコタワーが倒れて下敷きになってないだろうか。あ、テレビが倒れたら!!!」などと心配していました。
揺れが収まってからみんなが気にしたのは「ペット」か「薄型テレビの転倒」でしたね。

その後、家に着いたのは6時間くらい経過した後でしたが、玄関を開けるといつも通り「にゃぁぁぁ~~~ん」という声がしたので安心しました。
幸い我が家はキッチンの引き出しが全開していたくらいで落ちた物などは全くありませんでした。
同僚のP嬢曰く「白玉氏が『おばさんの大事なテレビはボクが守るニャー!』とテレビを押さえていたから」だそうです。そこまで気が利くなら、キッチンの引き出しも閉めておいてほしかったニャー。

当日もガツガツ食べて、その後キラキラボールを要求したりと全く普通だったのと、その後の度重なる余震にも全く動じないので、実家のちゅうさんのブログのコメントにみなさんが入れていた「怯えて出てこない」とか「食欲がない」というのを読んで「やっぱりコイツは図太いな~」と再認識をした次第です。

当日は帰宅難民の父が泊まることになったので、ビビリーな彼はずっと隠れたままだと思っていましたが、私が父から離れると意味もなく鳴いたりまとわりついてきていたところを見ると彼なりに不安だったのだと思いますが。

一つ彼が変わったことといえば、その後、静岡で震度6の地震があったとき、かなり長くて大きな揺れだったので、「タマーーーーー!」と家のどこかにいた白玉氏を呼んだところ、すっ飛んできて私の隣で待機してました。
今まで名前を呼んでもガン無視だったのに……。やればできるのね……。



能あるネコは爪を隠すと言いますからね!

最初からやれよ!
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:白玉 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 玉みつ日記*R, all rights reserved.