dj_top

くらち

Author:くらち
猫アレルギーを乗り越えて念願の白猫と同居することになった猫初心者。



白井玉三郎(白玉、白玉氏、たま)
2009年6月6日生まれ(♂)
心優しい下町の玉三郎。 


白井三津五郎(白みつ、ミッチー)
2010年6月2日生まれ(♂)
玉兄ちゃん大好きな下町の三津五郎。

Powered by 複眼RSS

未分類 (5)
白玉 (95)
白みつ (55)
初心者 (18)
多頭飼い (64)
猫グッズ (15)
トイレ関連 (9)
その他 (46)

このブログをリンクに追加する

名前:
メール:
件名:
本文:

http://shiratamacat.blog120.fc2.com/
sen
2011.07.16(Sat) 16:53
翌日はやや早起きをしなければいけなかったある夜のこと。

いつもはベッドに入って電気を消すと、まず白玉氏がベッドの上にやってきて私の足下で寝て、白みつは寝室以外のどこか(猫ベッドか猫タワー?)にいるのですが、朝になるとなぜか白みつが私の足下で寝ていて、白玉氏がベッドの下の床に寝ているという「いつの間にチェンジをしたの?」というパターンになっています。

その夜はなぜか白みつが興奮をしてメエメエ鳴きながら家中を走り回っていました。
そんなとき、白玉氏は大抵は無視して寝ているのですが、この日はしばらくしてから起きて部屋を出て行きました。

しばらくして白玉氏の「うみゃ~~うみゃ~~」という鳴き声が。

白みつが来てからはご飯のときぐらいしか鳴かない白玉氏にしては珍しいので仕方がなく起きて探すと、お風呂場の閉まったドアの前でみゃあみゃあ鳴いていました。

見るとお風呂場のドア越しにうろついている白みつの姿が。

どうやらきちんと閉まっていなかったお風呂場のドアの隙間から入ったところで風で扉が完全に閉まってしまったようです。白みつも閉じ込められていたからメエメエ鳴いていたのか……。

常々猫同士は鳴き声で会話ができるのか? と思っていたのですが、白玉氏が助けに(?)行ったところみるとそれなりにコミュニケーションは取れているのですね。

白みつよ、気付かなくてゴメンね。
でもキミのおかげで翌朝は寝不足だったよ。


に、兄ちゃん苦しいぃぃぃ


スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:多頭飼い 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

No title

いいはなしだにゃ~

・・・って言っていい?(笑)

NAME:ちゅう | 2011.07.18(月) 18:45 | URL | [Edit]

 

No title

v-22ちゅうさま
最初、会社の人にこれを話したら「いい話だからブログに書け」と言われました。

最近は男子だけでラブラブなので、おばさんはすごくラクになりました。ちょっと倒錯の館になってますけど。

NAME:くらち | 2011.07.19(火) 09:10 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 玉みつ日記*R, all rights reserved.